製品紹介

エアモールド装置

エアモールド装置,成形関連装置

Battenfeld社(ドイツ)が製造するエアモールド装置(ガスインジェクション装置)は、世界各国で多数の実績を誇っており、本装置を使用することにより、樹脂成形品の品質および経済性の両面にわたり高い効果が実現されます。

原理

射出成形プロセス中の樹脂充填時(下図1)の適切なタイミングにおいてニードルまたはノズルを通し金型内部に高圧N2ガスを注入します(下図2)。注入された高圧N2ガスにより樹脂は金型面に押し付けられます(下図3)。これによりひけ、そりのない均一な樹脂成形品外面が完成されます。

エアモールド装置,原理

構成

  1. コンプレッサーユニット
    コンプレッサーユニット
    窒素ガスを30Mpaまで昇圧
    レシプロ圧縮と大容量アキュームレーター(37L)の採用により大容量の成形にも適合します。
  2. 型式 DE11 DE12 DE13
    能力(NL/Min) 100 150 250
  3. 圧力調整器(モノモジュール)
    圧力調整器(モノモジュール)
    射出成型機からの信号を受けて任意の圧力で任意の時間、窒素ガスを射出(5段階設定まで可能)
  4. ニードルまたはノズル
    ニードルまたはノズル
    金型または射出成型機に取付

経済性

エアモールド装置はライセンス料が不要であることに加え優れた設備能力、高い拡張性、経済的な設備費により幅広い成形加工の分野で高い評価を戴き、ご愛顧戴いています。

加工例

加工例

この製品に関するお問い合わせはこちらにお願いいたします。
03-5621-5915
お問い合わせフォーム